HIRO Tracks

ソフトウェアエンジニアが日々学んだ知識を発信します。

【書評】「[改訂新版] 自分のペースでゆったり学ぶ TCP/IP」がインフラ学び直し入門にいい感じだった

これは何?

Webエンジニア向けに、インフラ方面の学び直しにGoodだった本を紹介します。

「実務でアプリケーションのコードばかり書いてるけど、インフラの知識が足りない気がする。基礎から学びなおす」と思い購入しました。

短い本なので、1日〜2日で読めます。

こういう人が読むと良い

  • ITエンジニアだけど、実務であまり扱わないから、TCP/TPとかネットワークとか忘れがちな人(プロトコルの名前とか、なんだっけ??となる)
  • TCP/IPやネットワークの基礎を改めて理解したい人
  • 学び直しのコストは小さくしたい人

ざっくり章立てイメージ

ざっくりまとめるとこんなことが書いてあります。

  • インターネットとはなんぞや(OSI参照モデル -> TCP/IPモデル)
  • TCP/IPのインターフェース層
    • LAN/WAN, PPP, イーサネット
  • TCP/IPのインターネット層
    • IPアドレス、サブネット、ルーティング
  • TCP/IPのトランスポート層
    • TCP, UDP, ポート番号
  • TCP/IPのアプリケーション層
    • DNS, HTTP, POP, SMTP
  • 全体感おさらい

Goodなところ

  • ネットワークや通信技術が「郵便屋さん」に例えられつつ、話が進むので理解しやすい
    • とある森の中でくまさんが歩いて配達するだけ=>「LAN」、森と森の間をつばめさんが飛んで配達する=>「WAN」、とか

こういう人には向かない

「向かない」というよりは、「追加で勉強し直す必要がある」という感じ。

  • クラウドインフラと絡めて勉強したい人
  • 実務で即使える知識を得たい人

まとめ

2024の年明けに読んでみたのですが、色々思い出せました。(TCPとUDPの違いってなんだっけ...??とか)

TCP/IPに限らず、忘れちゃった基礎は定期的に学び直していきたいですね。